読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうの日々

自分らしく… 楽しく生きたいだけ

第4章 夢を叶え続ける

この章で気になった項目

 

  自分の手で摑まない幸せに価値はない

 

人間は成長を感じた時や限界を超えた時に快感を得ます。努力を知らない人は、ある意味かわいそうなのかもしれません。自分の手で摑まない幸せに価値なんてありませんから。

 

自分が得た正の経験、負の経験すべてが、人生の宝物だとも思います。

 

「頑張りたいけど頑張れない」なんて言い訳でしかありません。

 

 

 

棚から牡丹餅的な幸せに心から本当の喜びは味わえないですよね(笑)

自分で動いて、経験し、自分の手で幸せを摑めたなら、喜びは倍増になるはず!

 

 

他の項目を書いて置きます。

*「夢がない」という悩み

*小さな夢をたくさん持つこと

*叶える気持ちのない人は、人の夢にケチをつけてばかり

*その気になれば30分で夢は叶う

*夢が叶いやすい体質になる

*「なりたい職業」と「夢」は別物

*正しい欲は、向上心になる

*半径5メートルの持つ力

*努力はつらいものなんかじゃない

*ゴールがなければスタートできない

*チャンスは半径5メートルにいくらでもある

*本を出したからといって、夢は叶っていない

*夢が叶った場所は、新たなスタート地点

*天才じゃないけど、意志はある