読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうの日々

自分らしく… 楽しく生きたいだけ

第2章 機動力を鍛える

この章で気になった項目

 

 不安なことが起こるのを待つくらいなら、自分から飛び込んだほうがマシ

 

不安に思うことは、実はまだ起きていないうちが1番怖いのです。こんなこともあんなことも起こるかもしれないと、悪い空想がとめどなく広がっていると、絶望の中に放りこまれた気分になるます。、、、、、「見えないこと」は不安と恐怖に結びつきます。

 

不安であればあるほど、自分から飛び込んだほうが怖さが少なくて済むからです。

 

不安というのは常に成長とセットになっています。私たちは様々な経験をして、人生のケーススタディを増やし続けているのかもしれません。

 

 

そうこの経験ということが、大事なんでしょうね!

 

始めの一歩が踏み出せない人が持っているのが、恐怖心、、、それは、"無知"というものからくるのではないかと思うのです。だから、何でも挑戦していけるように心強くなりたいものです!

 

他の項目を書いて置きます。

 

*大変は大きな変化

*気分は自分の力で変える

*ありのままでいいわけなんてない

*自分の人生に必要なものと削るものを決める

*「自分」を一日も休まない

*自信がないから何もできないなんておかしい

*感情も筋肉。動かさないと衰える

*仕事は一生の実績

*仕事に魔法なんてない

 

 

とにかく、自分らしく動いて、色々な経験していきましょう!失敗するぐらいが楽しいかも(笑)