読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうの日々

自分らしく… 楽しく生きたいだけ

私のお願い… 人が死ぬということ

新しい人生を歩もうと思う

他の誰かを見て、羨んでみても、しょうがない!

自分の人生は、自分でなければ生きられないもんなぁ…


買い物の帰り道、可愛いカップルの二人乗りを見つけた。

彼女が横座りで後ろに乗っている

「あぁ~、可愛いなぁ~♡」

わたしも何回かは経験してるが、もう遠い彼方の話(笑)

しかし、これから、自分の好きなことができる今を、楽しんでみようかと思った!

健康でいる今、動かなければ!




昨夜は連休明けの夜勤で、他の病棟から転棟してきていたガン末期のおじいちゃんがいた。

日勤から申し送りでは、話は出来ると聞いた。

自分の目で確かめに、初の対面である…

うん? 何か様子がおかしい!
名前を読んでも、返事をしてくれない…
ボッーと、空ろである。痛覚反応で意識レベルを測る
痛みには、苦痛表情が見られた

が、やはり、良い状態ではないのがわかる。

バイタル(一般状態)を、測定する!

体温を測ると、39℃越えており、血圧も測定不可
触診ではかると、最高血圧が60mmhg脈圧も弱い

やや、咽頭の辺りでゴロゴロと何かが留まっている音がする

吸引をかけると、食物残渣物が、かなりの量で回収された。この吸引にも、拒否反応がないので、あきらかなレベルが低下している

すぐ、当直ドクターに連絡をし、診察してもらう

「あー、うん、もうアカンかな…」と、ボソリ

カルテで、延命処置はしないと家族との話し合いの記録があったので、最低限の処置を…

家族に、急変の電話をする

直ぐに、病院に来てくれた!家族みんなが来ていた!

良いおじいちゃんだったのだろう、孫ちゃんたちも、ベッドの横でずっと見守っている

ただ、ひとつ、なんやこいつと!と思う男性が、その患者の娘さんの旦那が、急に現れ、「どういう状態なんだ?」と、「内科のドクターをしてるものですが…」と、威圧的に話してきた

当直ドクター(派遣できている)に聞いても、今まで見たこともない患者さんのことを詰め寄られても、返答に困惑しているのが、よくわかる

というか、ドクターなら、状況をみたら、わかるだろう!と、呆れ返った

それも、最期の時に顔を見にきただけなのに、偉そうにするんじゃないと、後から、みんなでお怒りモード


結局、急変から、約5時間後には、帰らぬ人となってしまった、が、みんなに見守られて、最期を迎えられたことは、幸せだったんではなかろうか?

私の中では、このように、家族が揃って、最期の時を見てもらえることが理想なんです

どのように、人が死ぬかをわかってもらったら、命を大切に生きてくれると思うのですよ!


最期の時は、いつになるか、わからないけども、最期の時期が近いなら、最後に会って話をしてあげておいて欲しいですね