読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうの日々

自分らしく… 楽しく生きたいだけ

負の言葉を発する人は、見た目から負のオーラを纏っている

自分がどれだけ偉いのか?と思う程に、他人のことを悪く言う人がいる。

それと、人を見て接する人(損得を考えてる)

如何に、自分を好い人に見せようかと、躍起になっていて、こちらから見てると、滑稽にしか見えない!

仕事相手にも、嫌いだと言いまくって、墓穴を掘っている。

やはり、発した言葉は現実になるんだと思わされてしまう。

自分にしっぺ返しが来るということを知らないんだね。

「自分は良いひとだ」と、思ってる勘違いな人もいる。

裏で何を言われてるのか、知らないんだ…と、少し、可哀想になる。

まあ、その言い方にも、問題があるんだけど!


愛のある注意か? 全くの嫌味だけで言ってる言葉なのかは、周りの人には、分かるもの。


そこをちゃんと見極めて、話をしないと、自分の価値を下げてしまう!

本当は、本音で話が出来るようにならなければいけないと思う。


言葉は、相手を気持ちよくする手段として、使っていこう!

自分独りよがりではなく、みんなが楽しい気分でいられるように発していこう!


世渡り力… 自分を認めてもらえるようにしていれば、きっと、誰かが助けてくれる。自分がしっかりとしてなければいけない!

これからの時代、話が出来る頭を持っているかだと、日々、考えさせられるのである。



決して、人の悪口や愚痴は言わない!
言っても、自分がしんどくなるだけで、自分自身のためにならないから!