読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうの日々

自分らしく… 楽しく生きたいだけ

自分はどのように扱ってもらいたいか?介護士による殺人事件から、 命を考えてほしい

介護士による殺人事件…

認知の人と接したことがない人にとっては、理解できないし、介護するのは、本当に大変である


それも、若い世代の人たちが世話をしている

あの川崎での介護施設では、80人の世話を、実質2人で見ていたというのには、驚愕した!


看護師の夜勤でも2人で、多くて50人ほどを見ているが、手のかかる患者は、そのうちの1/4程度(もっと多い時もある)なのだか、それでもストレスはかなりのものである



その仕事量に対しての報酬は、大変低いと思うのである

これでは、看護業界で仕事をしたいと思う人がいなくなりますよ!


専門職といっても、少しばかり、対処になれているだけの、ただの人間である!

それも、自分の親、祖父母ではない、他人の世話をしてるのである

看護師・介護士は、優しさだけでは、勤まらないです

相当の覚悟がなければ、働けないでしょう!

下の世話、気分不良の嘔吐の世話など、無理な人には、絶対無理な仕事です


それを、やれている人って、本当に慈悲の心で、されている人が多いと思います


しかし、やはり、仕事の内容は半端ないストレスかかかります!

夜勤という仕事も、身心ともに辛いです


これからの日本、老人がもっと増えます!

病気にならないように、気をつけて生きてほしいと、切実に願います


そして、親の世話をできるだけしてあげてほしいです

自分もいつか、その日が来るのですから!


患者も、看護する側も、人間らしく生きられるようになってくれれば幸いです