読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうの日々

自分らしく… 楽しく生きたいだけ

どうなのどうなの?その態度!お客様は神様なの?

あるレストランで食事をしてたら、見るからにヤバそうなオジサン

手にビニール袋を被せ、何かを防御しているかのように、そのビニール袋ですべてのものを触っている

店員さん(女の方)に、「ねえちゃん、ねえちゃん!」と、しつこく呼びつけている

注文を取りに行って、「これとこのセットで、ご飯は大盛で」とオジサン注文した

1分と立たないのに、厨房の方に入っていって、“まだか”と、落ち着きがない…

店員に「もう少し、お待ちください」と、言われて、しぶしぶ裏の方から出てきたと思ったら、外に出ていった

気にくわなかったから、帰った~!と、嬉しく思ってたら、しばらくして帰ってきて、席に座ったけど、落ち着きがない、店内をウロウロする、大きな声で怒鳴る!

店員さんが、他のお客の注文の品を持ってるのに、しつこく呼びつけている… これは、関わってはいけないタイプの人なので、全く無視してるが、目の端では、そのオジサンの行動をチェックしてた


そして、注文の品がオジサンのところに来た!

ご飯を見たとたん、オジサンか吠えた!!
「なんやねん、この量は?少ないやんけ!これで大盛なんか? ちゃうやろ、この前は、もっと多かった!」
と、難癖をつける…
店員さんは、「これが決められた量なんです!」と説明しても、「お前はわかってないんや!もっと多かってん!」と、大きな声で吠える吠える!

オジサン、怒りのスイッチが入ってしまったのね…
店員さんを追いかけ、お前は、この仕事には向いてない、辞めろ!」と言い続けている

急に、ご飯のことを思い出したのか、我にかえって、ご飯を食べ出した!

しかし、このオジサン、潔癖症なのか、調味料の蓋を取る時も、ペーパーナフキンで、蓋を覆い被せ、蓋を開けている、箸も、割り箸をくれ!と言い、割り箸で食べ出した。

見事に一気食いかと、思われたとき、味噌汁の容器を持ち、また、調理場の方に歩いて言って、その前にいた男の店員さんに、「店長はいるか?お前は何や?」と、詰め寄る 「私は、副店長です。」と男の店員さん…

オジサン「なんやねん!この味噌汁は、誰が作ってんねん? 辛いんや!」と、「これが、店の味なんです。」(裏で、女の店員さんに要注意人物として聞いていたのだろう)と、言われ、しぶしぶ席に戻って平らげた!



男の店員さんと女の店員さんに対しての態度の差にも驚くが、一帯、このオジサンは、何をしたかったのか?

日本人の悪い考え方? 『お客様は神様や』という威圧感を与えるだけ与えたけど、全く相手にされなかった(笑)

めっちゃ、滑稽なオジサンがまだまだいるのを何度か目撃している!


昔のおじいちゃんクラスの人が、威圧感丸出ししてるのが多いよね! 寂しいのかな?そして、かまってほしいという気持ちの裏返しなのかな?


これを、彼氏、旦那がしたら、気持ちが覚めるね…
何とも気の小さい奴だと思うよね(-.-)

男の方はドンと構えていてほしいものです!

この世は、50/50の関係性でいきましょう!



持ちつ持たれつの世界ですから!