読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうの日々

自分らしく… 楽しく生きたいだけ

好きだった(あるアーティスト)人と、決別の日

10年前に、自分を貫き通す格好良い男だ!大好きだ♡と思って、ずっと惚れさせてくれてた人…


だが今日で、その人(立派な大人の方)とは『決別』します!

年下だったのだけど、考え方・行動が素直なところに惚れたのだ…けれど


ある行動・言葉を聞いて、一気にその人を嫌いになってしまった


仮にも、影響力のある人だったので、凄く悲しかった…

一緒に、前を向き、背中を押して上へと進ませてくれた人…


しかし、人間にも、自分の心が、本性が出る場面が在るのですね!


その、言動が、また子どもっぽくて、呆れるやらで、何でこんな人を好きだったんだろうと、自分を責めた



例えばの話

学校のクラスの人気者君

いつも、女の子たちにチヤホヤされていて、その中には、自分を好(よ)い人に見られたいがために、その人気者君の言動を甘やかすような言葉・態度をとる人がいる

然り、その反対の言動を取る子もいる

ある、その中の一人の女の子、その人気者君のことが大好きで、話をする、目も合わせられないぐらいシャイな人


ある日、近くで話をするチャンスがあった


シャイな女の子 本当に人気者君の事が大好きで、何を話したら良いのかと、ドキドキしていた

その気持ちと裏腹に、憎まれ口を言ってしまった!
(本当は大好きな人なのよ)

人気者君、その言葉に、心を折られたらしい!ズタズタに…

帰り際、滅茶苦茶、腹が立ったのだろう… 売られた喧嘩は買わないと…言い添え

人気者君、みんなの前で、その女の子を呼びつけ、自分が、どれだけ腹を立て、心を傷つけられたかを、一方的に、みんなの前で罵り、女の子は、好きな子に呼びつけられて、それもみんなが見てる前で、攻撃されて、パニック状態!

人気者君、自分の言いたい事を捲し立て、言い切ったら、あっさり帰って行った


残された女の子は、どうすりゃ良いのか、泣き崩れるだけ…


という感じの、何とも子供っぽい事をした人

影響力のある人なら、大人な対処をしてほしかった…

あまりにも軽率過ぎて、あんたは本当に大人なのか?と疑い、一気に、わたしの心も冷えていった


それから、その人に興味が湧くことなく、フェードアウト気味

顔も見たくない、声も聞きたくないという現象になった

そして、半年ぐらい放置していた


全く、何の違和感もなく、本日、決別する決意をしたのです!



もう、本当にスッキリ、気分爽快!


しょうもない男に惚れた、自分が恥ずかしい…



本性を見抜く力があればなぁ~と思った次第です!



(乂-д-)ダメだね… 良い男を探し出せるように、勉強せねば!